www.napoleonharris.com

-

-

自動車を持っている方は知っているはずですが自動車税なるものが課税されます。そして自動車税は手放す自動車買い取りの際に還付されるのです。これについては実際実行してみたら覚えられますが、でははじめから順番に分かりやすく案内しましょう。当たり前ですが補足すれば日本で作られている自動車のみに限らず外国の車などでも自動車税が戻ってくる範囲になってきます。当然ですが中古車などもそうですね。自動車税はクルマのオーナーが支払い義務を負うお金でこの金額は車の排気量の大きさ毎に決められています。1リッターより低いならば29500円で1リッターより上で1.5リッターまでなら34500円になります。これ以降は500ccごとに5000円ずつ増加していきます。そして自動車税は4月1日現在ののオーナーが年度内の全額を納付する義務があります。要は前払いになるということですから自動車を売ってしまってオーナーでなくなった際では先に払った分の税は返還されるのです。この自動車税は前払いで来年3月までのお金を納めますので一年以内にクルマを売った場合は新しい所有者がこの税を支払わなければいけないのです。売却先が専門店でしたら、売却した際にあなたが払いすぎた税額を返してくれます。所有権が移転された日以降の自動車税は権利が移ったオーナーが支払い義務を負います。例えば自分が10月中にクルマを売却したなら11月から翌年3月中までの自動車税は返還されます。というのは、繰り返しになりますが自動車税というのは一年分を先払いしているという事実からもわかります。ということは、売却者は買取先に払いすぎたお金を返金してもらうということなのです。業者を介さずにクルマを手放す場合結構このような大事な事実に気付かない方がいますので、ぜひ確認するようにしましょう。自動車税がクルマを売った際に還ってくるという知識をあまり知らない人が多い事をいいことにその事実を説明しない買取業者もいるのです。こちら側から返金に関して言わなければ全然返金のことには説明しないという場面もよく見られます。なので愛車の買い取りを頼むさいには自動車税が返金されることをチェックすることを怠らないようにする必要があります。

Copyright © 2000 www.napoleonharris.com All Rights Reserved.